Salon de Rimmel | ポーセラーツサロンのリメル

神戸・明石のポーセラーツ教室 |資格取得・子供同伴OK・親子レッスンあり(3才から)・駐車場あり

インストラクター生様のレッスン◆

 

 

こんにちは❣

神戸、明石のポーセラーツサロンRimmelです。

 

 

先日、りめる初のインストラクター生様がお越しくださったので、

本日はぜひ書かせて頂きたいなと思います♪

 

 

インストラクター生様のMさまは、

ママフェスにてご縁があり、

とっても素敵で気があって大好きな生徒様なんです。

 

 

 

wp-1486311912551.jpeg

 

 

インストラクターを悩まれていて、

ついにご受講が決定✨

りめるでインストラクターを勉強してくださること、

とても嬉しく思いますし、

こんなにお綺麗で素敵な方が通ってくださるのが

なにより嬉しく感じています❣

 

 

りめるは、2月でオープンして3か月となります。

おかげさまでたくさんの生徒様にお越し頂けていて、

皆様とてもお綺麗という、、ほんとに私にとって幸せしかない(笑)、

そんなレッスンタイムを送らせて頂いております。

 

 

そんなりめるですが、

インストラクター生様は初めてで、

少しドキドキ(;_;)

 

ですがそんなことも忘れてしまうほど、

Mさまとのレッスンが楽しくて✨✨

こうやってるんるんしながらひとつずつ課題をクリアしていけたらいいな、

と思っています♡

 

 

 

初日は、ポーセラーツで使う材料を確認したり、

ひとつ目の課題、『色見本』を作りはじめたりしました🎼

 

色見本は、”単色転写紙”という

柄のないお色のみでできた転写紙の、

焼成後のお色を確認するためのものです。

 

なぜそんなものが必要??と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

以前こちらのblogに記載したとおり、

 

転写紙は、焼く前と焼いたあとでお色や雰囲気がガラリと変わる場合があるのです。

 

たけいみきさんの転写紙でご紹介したかと思うのですが、

色が鮮やかになったり、

淡くなったりハッキリしたり✨✨

 

その物によって焼成後のお色味がすこし変わります。

 

単色転写紙においては、

赤っぽくみえているものが、焼成後にはあずき色(やや紫)になったり、

人によってはぜんぜん違うように感じたりするのです。

 

柄の場合、

『わあ✨焼く前よりもっと可愛くなってる♡』

となるのですが、

単色転写紙においては、

『赤のつもり』で貼ったものが、

焼いてみたら『ん?あずき???』となり得るのです。

 

 

なので、転写紙の色見本をつくり、

生徒様に焼成後のお色を確認して頂いたうえで

転写紙を選んでいただき、納得の仕上がりになるよう

この課題があるのだと思います。

 

 

時々単色転写紙を使われる方がいらっしゃるので、

そのときにこちらの色見本が大活躍❤

 

 

それに、ひとつ目の作品なので

思い入れも強いんです(*^^*)

 

 

 

Mさまは、課題製作中

『めっちゃ楽しいです❤』

と何度か仰って下さいました。

クラフトパンチで抜いたり、数が多いので大変かと思うのですが、

楽しんで課題をされていて本当に素敵だなあと改めて感じました♡

 

Mさまの選ばれたかわいい転写紙を使う課題もいくつかあるので、

今後もすごく楽しみです。

 

課題ごとにポイントがあるので、

そちらもご紹介しながら、

インストラクターブログもアップさせて頂きたいと思います❣

 

 

 

Mさま、これからもりめると一緒にがんばりましょうね❤

 

 

宜しくお願いいたします✨✨

 

 

 

 

インストラクターコースについては、

ホームページのメニュー欄にございますので

ごらんくださいませ。

 

 

 

 

 

sample47

閲覧頂きありがとうございます
当ブログがお気に召しましたら
購読の登録をお願いします!

Leave a comment

※メールアドレスは公開されません。